「虎の塩漬け」をせっせと食べた秀吉 | 精力UPナビ|精力アップ情報満載

「虎の塩漬け」をせっせと食べた秀吉

「虎の塩漬け」をせっせと食べた秀吉

多くの側室を抱える秀吉は精力増強のために、さまざまな薬餌療法にトライしていた。
大事を成し遂げた偉人は、精力増進に積極果敢!

ポルトガルの宣教師ルイス・フロイトの書き残した著書に「秀吉は300人も側室を抱かかえていた」と記している。
数字の真偽はさておいて、女性が好きだったと言うことは間違いないことのようです。
そのため、精力を増強することに非常に熱心で、さまざまな薬餌療法を試してみたようです。

そのひとつが虎肉だった。
虎は千里走って千里帰るといわれるほど逞しい生命力を持ち、その肉には強い回春効果があると当時は信じられていました。

文禄三年(1594年)、朝鮮半島に出兵したとき、家臣に「皮はいらない。虎の頭肉と腸の塩漬けを送れ」と命じています。
翌年、現地から、二頭の虎肉が送られてきました。

加藤清正の有名な「虎退治」も秀吉の歓心を得るために、虎肉を確保することが真相のようです。
また、他の家臣達も競って虎狩をし、塩漬けにした虎肉を秀吉のもとに送り届けました。

虎肉の効果があったかどうかは知る由がありませんが、虎肉の塩漬けが初めて送られてから4年後の慶長三年(1598年)に秀吉は63歳で亡くなりました。


精力UPナビに掲載されている情報の正確さについては可能な限り努力をしていますが、その正確性や適切性に問題がある場合、告知無しに情報を変更・削除する事があります。
精力UPナビに掲載する商品リンク、および、その他リンクには、affilead(affil.jp)などのアフィリエイトリンクを使用する場合があります。

リンク先の商品は精力UPナビが管理・販売しているものではありません。
商品、および、販売に関するお問い合わせは、各店舗へお願いいたします。商品に関して発生したトラブルや損害等、精力UPナビでは責任を負いかねますのでご了承ください。
精力UPナビの情報を用いて行う一切の行為、被った損害・損失に対しては、一切の責任を負いかねます。ご了承ください。