タウリン

タウリン

タウリンはアミノ酸から合成される物質です。
主に心臓や筋肉などに含まれ運動機能を支えています。
血圧を安定させ不整脈の改善や脳卒中の予防に効果的です。
また、血中のコレステロールを抑制し、胆石の溶解も期待できるため医薬品としても処方されます。
精力剤や栄養ドリンクでは疲労回復や興奮作用の効果を狙って配合されています。


  • 効果・効能

    疲労回復 高血圧予防・改善 不整脈の改善 胆石の溶解 コレステロール値の抑制 興奮作用

  • 成分の詳細

    アミノ酸から合成される物質

  • おすすめ

    疲れやすい人 高血圧の人 不整脈のある人 胆石がある・あった人 コレステロール値が高い人 元気をなりたい人

  • 代表的な食品

    カキ いか たこなど魚介類

  • 豆知識

    タウリンは、1827年にドイツの解剖学者・生理学者であるフリードリヒ・ティーデマンと、科学者であるレオポルド・グメリンによって、ウシの胆汁から発見されました。
    タウリンという名前は、ラテン語で雄牛を意味するtaurus(タウラス)に由来しています。
    その後タウリンは、含硫アミノ酸であるということがわかり、19世紀末には下等動物から高等動物にいたるまで、ほとんどすべての動物に存在していることが明らかになりました。
    それ以来、タウリンの研究は数多く行われ、循環系、胆肝系をはじめとする様々な作用を持つことが明らかとなっていきました。
    第二次世界大戦では日本国海軍がタウリンを多く含む抽出物を、戦意の高揚に利用したともいわれています。
    現在、タウリンは化学合成されたものはもっぱら医薬品として使用され、ウシの胆汁やカキなど魚介類のエキスを使用している天然抽出されたものは食品添加物として許可されています。
    医薬品のタウリンは、主に医薬部外品を含むドリンク剤の主成分として使用され、カキなどから抽出した天然抽出タウリンは強化剤として、育児用粉ミルクなどに添加されています。
    猫は、体内でタウリンを合成することができないため、タウリンは猫にとってとても重要な栄養素です。
    猫はタウリンの欠乏によって、拡張型心筋症が生じてしまいます。そのため、キャットフードにはタウリンの含有量を明記したものが多く販売されています。

精力UPナビに掲載されている情報の正確さについては可能な限り努力をしていますが、その正確性や適切性に問題がある場合、告知無しに情報を変更・削除する事があります。
精力UPナビに掲載する商品リンク、および、その他リンクには、affilead(affil.jp)などのアフィリエイトリンクを使用する場合があります。

リンク先の商品は精力UPナビが管理・販売しているものではありません。
商品、および、販売に関するお問い合わせは、各店舗へお願いいたします。商品に関して発生したトラブルや損害等、精力UPナビでは責任を負いかねますのでご了承ください。
精力UPナビの情報を用いて行う一切の行為、被った損害・損失に対しては、一切の責任を負いかねます。ご了承ください。