スーパーアミノ酸のパワーはすごい!シトルリン、アルギニンについて | 精力UPナビ|精力アップ情報満載

スーパーアミノ酸のパワーはすごい!シトルリン、アルギニンについて

スーパーアミノ酸のパワーはすごい!シトルリン、アルギニンについて

アミノ酸の中でも人間にとってとりわけ重要な働きをするアミノ酸を文字通り「スーパーアミノ酸」と呼んでいます。
スーパーアミノ酸と呼ばれているものは5成分あります。
バリン、ロイシン、イソロイシンシトルリンとアルギニンです。

シトルリンとアルギニンについて

シトルリンについて
人間の生命維持に深くかかわっているアミノ酸のほとんどが、タンパク質として体内に存在し、筋肉、骨、爪、ホルモン、血管、内臓等を構成しています。
しかしこれらとは異なり、タンパク質を構成せず、分離して単体の状態で体内に存在し、主として血液中に多く存在し、循環しています。
そして、いざというときに、必要なところにおもむき、活躍するアミノ酸のことを「遊離アミノ酸」と呼んでいます。いざという時に実に、頼りになるアミノ酸ですね。
シトルリンは遊離アミノ酸の代表的なものです。
シトルリンは1930年に日本でスイカから発見されたアミノ酸です。スイカ、メロン、きゅうり、冬瓜、かぼちゃなどウリ科の植物に多く含まれています。
シトルリンは体内で、アルギニンに変換され、NO(一酸化窒素)の産出、生成を高める働きをします。
NO(一酸化窒素)は血管の筋肉をリラックスさせ、血管を拡張させ、血流を促進する働きがあります。
さらに、血球が血管内に付着することを抑制し、血栓の発生を抑える働きがあります。
これら血管機能向上の働きは、内蔵機能の低下を抑制し、むくみ、冷え性、動脈硬化の発症を抑止する効果があります。
シトルリンは血管機能向上にとても重要な役割を果たし、近年益々注目されています。

アルギニンについて
アルギニンは体内で合成できる「非必須アミノ酸」ですが、一定の年齢に達していない子供は合成できないので「準必須アミノ酸」ともいわれています。
アルギニンは細胞の新陳代謝をうながし、筋肉アップと深い関係のある成長ホルモンの分泌を促進するアミノ酸です。
アルギニンを摂取することで成長ホルモンの分泌が増加します。
成長ホルモンの分泌は20~30代にかけてピークを迎え、減少するといわれており、アルギニンを効果的に摂取することにより、筋肉強化、脂肪燃焼、骨格の強化になり、いわゆる精力強化をもたらします。
シトルリンの働きでも説明したように、アルギニンはNO(一酸化窒素)の産出、生成を高める働きをし、血管拡張、血流を促進する等血管機能向上に役に立ちます。
しかし、アルギニンは大部分が肝臓で代謝されるますが、シトルリンは代謝されないので、効率を考慮するとシトルリンが体内でアルギニンに変換されたほうが有益性が高いといわれています。

スーパーアミノ酸は精力アップ、勃起力アップの強い見方です。


精力UPナビに掲載されている情報の正確さについては可能な限り努力をしていますが、その正確性や適切性に問題がある場合、告知無しに情報を変更・削除する事があります。
精力UPナビに掲載する商品リンク、および、その他リンクには、affilead(affil.jp)などのアフィリエイトリンクを使用する場合があります。

リンク先の商品は精力UPナビが管理・販売しているものではありません。
商品、および、販売に関するお問い合わせは、各店舗へお願いいたします。商品に関して発生したトラブルや損害等、精力UPナビでは責任を負いかねますのでご了承ください。
精力UPナビの情報を用いて行う一切の行為、被った損害・損失に対しては、一切の責任を負いかねます。ご了承ください。