スイカから発見された絶倫物質シトルリン | 精力UPナビ|精力アップ情報満載

スイカから発見された絶倫物質シトルリン

スイカから発見された絶倫物質シトルリン

スイカの原種は砂漠で自生していたもので、通常の植物は過酷な状況下の中で毒性が強い活性酸素を大量に生み出し枯れてしまうのですがスイカの原種は枯れるばかりか現地の人々の喉を潤してきました。

1930年にシトラス・ブルガリスという学者がスイカから活性酸素に打ち勝つ物質を発見しシトルリンと名づけました。
しかし一般に普及し始めたのは近年で、日本では2007年に食品成分として認可が降りサプリメントなどに利用されるようになりました。

このシトルリンは、活性酸素に打ち勝つ抗酸化作用の他に、血管を拡張し代謝を上げる作用があり、一部ではバイアグラなどのED治療薬と同等の効果があるとも言われています。

また、スイカの原種は白い部分がほとんどなのにもかかわらずシトルリンを多く含んでいることから、現在のスイカも白い部分に多くのシトルリンがあることがわかっています。
この白い部分は、味気ないことから通常は捨ててしまいますが炒めものなど味付けして食べると、最大限効果を享受できるでしょう。


精力UPナビに掲載されている情報の正確さについては可能な限り努力をしていますが、その正確性や適切性に問題がある場合、告知無しに情報を変更・削除する事があります。
精力UPナビに掲載する商品リンク、および、その他リンクには、affilead(affil.jp)などのアフィリエイトリンクを使用する場合があります。

リンク先の商品は精力UPナビが管理・販売しているものではありません。
商品、および、販売に関するお問い合わせは、各店舗へお願いいたします。商品に関して発生したトラブルや損害等、精力UPナビでは責任を負いかねますのでご了承ください。
精力UPナビの情報を用いて行う一切の行為、被った損害・損失に対しては、一切の責任を負いかねます。ご了承ください。