発見!レスベラトロールの可能性 | 精力UPナビ|精力アップ情報満載

発見!レスベラトロールの可能性

発見!レスベラトロールの可能性

レスベラトロールとは1939年に今の北海道大学で発見された成分で、後に植物が紫外線などから守る成分だということがわかっています。

また、その後深く関わってくるサーチュイン遺伝子というものが1999年に発見されます。
このサーチュイン遺伝子とは過度なカロリー不足になった時などに活動する遺伝子で寿命を延ばす働きがあります。

そして、このサーチュイン遺伝子を活性化させることができる成分がレスベラトロールだということが2003年に判明します。
2006年には様々な検体で確認が行われ有名な科学誌でも報告されました。

まさについ最近確立された人々の生命に関わる大きな発見だったわけです。
それを受け様々な研究を元にサプリメント化粧品にも採用され始めています。

このレスベラトロールは、ブドウやリンゴ等に多く多く含まれ強い抗酸化作用によるアンチエイジング効果と長寿遺伝子サーチュインを活性化させ、ミトコンドリアの量を増加させるので健康的でエネルギッシュな長寿になると言われており、今後も新たな効能が確認されるかもしれません。


精力UPナビに掲載されている情報の正確さについては可能な限り努力をしていますが、その正確性や適切性に問題がある場合、告知無しに情報を変更・削除する事があります。
精力UPナビに掲載する商品リンク、および、その他リンクには、affilead(affil.jp)などのアフィリエイトリンクを使用する場合があります。

リンク先の商品は精力UPナビが管理・販売しているものではありません。
商品、および、販売に関するお問い合わせは、各店舗へお願いいたします。商品に関して発生したトラブルや損害等、精力UPナビでは責任を負いかねますのでご了承ください。
精力UPナビの情報を用いて行う一切の行為、被った損害・損失に対しては、一切の責任を負いかねます。ご了承ください。