絶滅の危機キャッツクローを貧困対策に ペルー大統領「フジモリ大統領」 | 精力UPナビ|精力アップ情報満載

絶滅の危機キャッツクローを貧困対策に ペルー大統領「フジモリ大統領」

絶滅の危機キャッツクローを貧困対策に ペルー大統領「フジモリ大統領」

キャッツクローは現代非常に注目される薬効成分を持つ植物で、1986年にチェルノブイリの患者に処方され腫瘍細胞の減少が確認され、1994年にWHOに認定されてからは、世界で争奪戦となり乱獲の果てに絶滅の危機を迎えました。

そこで原産国であるペルーのフジモリ大統領は100万本の植樹計画を打ち立てました。
当然植物保護からのことだが、ペルーの当時の情勢も裏であったのではないかと言われている。
ペルーは決して豊かではなく貧困層はコカを栽培し生計を立てていました。
このコカの代わりにキャッツクローを栽培させ産業を転換させようとしたのです。

一般的に麻薬は法外に高い値段で取引されているので生産者は潤っていると思いがちですが、間に組織が絡んでいるので生産者は…。
この辺りの話は、映画などで再三描かれているので探してみてください。

そんな訳で、この挑戦は大きな意味を持ち「フジモリ計画」と言われるようになる。
しかし、フジモリ大統領は逆にペルー議会などから批判を受け、それでも引かないフジモリ大統領は独裁政治だとまで言われた。
果てには日本へ亡命することとなる。その後殺人罪に問われていたフジモリ氏はペルーへ送還されると裁判を受け2010年実刑判決を受けることになる。
国のために国民のために植えたキャッツクローがここまでの事態になってしまったのかもしれないが、彼の意思は今も息づいていて、キャッツクローは日本でも認可を受けて以来、様々なサプリメントに採用されています。

フジモリ氏とペルーの背景を思いながら、キャッツクローの効能を感じてみてはいかがでしょうか。


精力UPナビに掲載されている情報の正確さについては可能な限り努力をしていますが、その正確性や適切性に問題がある場合、告知無しに情報を変更・削除する事があります。
精力UPナビに掲載する商品リンク、および、その他リンクには、affilead(affil.jp)などのアフィリエイトリンクを使用する場合があります。

リンク先の商品は精力UPナビが管理・販売しているものではありません。
商品、および、販売に関するお問い合わせは、各店舗へお願いいたします。商品に関して発生したトラブルや損害等、精力UPナビでは責任を負いかねますのでご了承ください。
精力UPナビの情報を用いて行う一切の行為、被った損害・損失に対しては、一切の責任を負いかねます。ご了承ください。