「不許葷酒(肉)入山門」は「くんしゅ さんもんに いるを ゆるさず」と読むのですが知っていますか | 精力UPナビ|精力アップ情報満載

「不許葷酒(肉)入山門」は「くんしゅ さんもんに いるを ゆるさず」と読むのですが知っていますか

「不許葷酒(肉)入山門」は「くんしゅ さんもんに いるを ゆるさず」と読むのですが知っていますか

・寺院の碑によく見られますが、意味は「酒、肉、生臭い野菜を飲み食いしたものは修行の場にふさわしくないので、立ち入りを禁ずる」です。 なぜ野菜までダメなのでしょうか?

禅宗などの寺院に行くと門前の石碑に「不許葷酒(肉)入山門」と刻まれています。
酒と肉はなんとなく想像できますね。
酒は精神の集中を乱し、修行できないからです。
又肉は殺生を禁じる目的から食べること自体を禁じているからです。

疑問なのは「葷」です。意味は生臭い野菜です。具体的には」にんにく」「たまねぎ」「ねぎ」「にら」「らっきょう」を言い「五葷」と称しています。
これらは全て精力がついてしまうものなのです。精力がついて修行の場なのに心が乱れてしまうことはとんでもないということなのでしょう。

ということは!逆に精力をつけたければ積極的に摂取したほうが良いということですね。
現代では実証されており、これらの野菜には男性ホルモンの分泌を増大・アンチエイジング効果を促進するセレンを多く含み、又あの臭いの元である硫化アリルは疲労回復・抗ストレス効果があります。
つまり精力効果抜群の野菜なのです。

昔の人は体験的にわかっていたのですね。


精力UPナビに掲載されている情報の正確さについては可能な限り努力をしていますが、その正確性や適切性に問題がある場合、告知無しに情報を変更・削除する事があります。
精力UPナビに掲載する商品リンク、および、その他リンクには、affilead(affil.jp)などのアフィリエイトリンクを使用する場合があります。

リンク先の商品は精力UPナビが管理・販売しているものではありません。
商品、および、販売に関するお問い合わせは、各店舗へお願いいたします。商品に関して発生したトラブルや損害等、精力UPナビでは責任を負いかねますのでご了承ください。
精力UPナビの情報を用いて行う一切の行為、被った損害・損失に対しては、一切の責任を負いかねます。ご了承ください。