神社に祀られるほどの巨根の持ち主 | 精力UPナビ|精力アップ情報満載

神社に祀られるほどの巨根の持ち主

神社に祀られるほどの巨根の持ち主

金精神社という栃木県日光市と群馬県利根郡片品村の境にある金精峠に鎮座する神社がある。

時は奈良時代、孝謙天皇という女帝が巨陰であるがため、道鏡という僧の巨根を寵愛していたと言われる。
孝謙天皇政権が倒れると道教は下野薬師寺に左遷された。
その道中の金精峠で自身のペニスがあまりにも重いということで切り落としたとされます。
そのペニスを祭ったのか金精神社ということです。

他にも日本にはペニスのお祭りが数多くあることから、ペニス大きさが昔から崇めるほど重要だったことを示しているのではないでしょうか。


精力UPナビに掲載されている情報の正確さについては可能な限り努力をしていますが、その正確性や適切性に問題がある場合、告知無しに情報を変更・削除する事があります。
精力UPナビに掲載する商品リンク、および、その他リンクには、affilead(affil.jp)などのアフィリエイトリンクを使用する場合があります。

リンク先の商品は精力UPナビが管理・販売しているものではありません。
商品、および、販売に関するお問い合わせは、各店舗へお願いいたします。商品に関して発生したトラブルや損害等、精力UPナビでは責任を負いかねますのでご了承ください。
精力UPナビの情報を用いて行う一切の行為、被った損害・損失に対しては、一切の責任を負いかねます。ご了承ください。