2015年12月に厚生労働省が海外サイトなどのサプリ(栄養補助食品)に医薬品成分、健康被害の恐れありと発表

2015年12月に厚生労働省が海外サイトなどのサプリ(栄養補助食品)に医薬品成分、健康被害の恐れありと発表

・国立医薬品食品衛生研究所が2014年1~3月、海外サイトの「精力増強」、「ダイエット」の効果をうたうサプリ(栄養補助食品)81製品を調査、分析したところ、「精力増強」などとうたう50製品のうち33製品から、勃起不全治療薬の成分シルデナフィルなどが検出されたとのこと。

シルデナフィルは頭痛や心拍増加などの副作用の可能性があるとのこと。

また、ダイエット用のサプリメント31製品のうち16製品から、下剤成分ビザコジルや気管支炎治療薬の成分ジプロフィリンなどが見つかったとのこと。

これら49製品のうち9製品には、発ガンなどの恐れがあると指摘されているフェノールフタレインも含まれていたとのこと。

日本では医師の処方が必要な成分が多く、国内業者であれば医薬品医療機器法(旧薬事法)違反にあたる。
やはり、日本人の体質に合わせた日本製サプリメントが安心ということですね。


精力UPナビに掲載されている情報の正確さについては可能な限り努力をしていますが、その正確性や適切性に問題がある場合、告知無しに情報を変更・削除する事があります。
精力UPナビに掲載する商品リンク、および、その他リンクには、affilead(affil.jp)などのアフィリエイトリンクを使用する場合があります。

リンク先の商品は精力UPナビが管理・販売しているものではありません。
商品、および、販売に関するお問い合わせは、各店舗へお願いいたします。商品に関して発生したトラブルや損害等、精力UPナビでは責任を負いかねますのでご了承ください。
精力UPナビの情報を用いて行う一切の行為、被った損害・損失に対しては、一切の責任を負いかねます。ご了承ください。